『修羅の国マニラ』にたった一人で何の頼りも無いのにきたその理由をお話ししたいと思います。

この国マニラで生きるにはある一定の失敗をしないで生きることは避けれないと
僕は思っています。 まぁ僕は詐欺には数え切れないくらい・・・
その中でも大きな単位の損失も3件ほどあります。。
小さなものは詐欺とはもはや思いません。
あるときは人助け
あるときは授業料
あるときは挑戦費用
など自責にしかしません。
またこの感感覚はフィリピンにいないとわからないと思いますが
この感覚の人としかお付き合いもしなくなります。
その理由はそう思わないと 「仕方ない」と言うのもありますが
自分の責任だからです。
この辺の説明は難しいのでやめておきましょう。

ただ、多くの人が修羅でありのんびりと戦わないで生きている人もいないので
戦士ばかりなんです。その中では自分も戦士である必要があるんですよ。
そして私も最初の2年で戦士になるための訓練を受けていたような気がします。
戦える魂を宿らせて実際に戦い戦場で生きると言うことです。

そんなフィリピンはマニラの今は修羅の国からは少し変化しているかもしれません。
しかし僕は思います!ここはまだまだ戦士でないと生きていけないしそうでないと
面白くない。

フィリピンに来た意味がないのです。笑

これからはマル秘情報だけはこちらのLINE@からお届けしていく予定です。
ぜひこちらから登録して最新情報をGETしてくださいね。
⬇️
Add friend

また、迅速は速報やスピード命のネタはTWITTERからも発信していますので
フォローの方よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です